活動報告

2018.09.20

関西建設アスベスト京都1陣訴訟、原告勝訴判決

勝訴判決により国には9連勝となる大きな判決結果となりました。

大阪高等裁判所は、関西建設アスベスト京都1陣訴訟において、国及び建材企業の責任を認め原告勝訴判決を言い渡しました。

 

この判決をまとめると、

①京都地裁で唯一敗訴した1審原告についても請求を認容した

②屋外作業者に対する国の責任が認められた

③一人親方についても救済を認めた

④一審で責任が認められたアスベスト建材企業の他、新たに

 被告クボタ、被告日本バルカーの責任を認めた、となります。

 

これで国には9連勝となる大きな判決結果となりました。

一覧に戻る

PAGE TOP