活動報告

2019.02.26

杉並公会堂大ホールにて国民春闘共闘会議・総決起集会

1月30日(水)、杉並公会堂大ホールにて、国民春闘共闘会議・総決起集会が行われました。

 

私はここ数年これに参加していますが、今の時期は風も吹いていてとても寒い印象でしたが、この日はいつもよりやや暖かい夜でした。

 

話は変わって会場では様々な労組が参加、いつもの光景ですが、ただ若い人達の参加が少ない様な気がしました。毎年労働組合が、大幅賃金引き上げ、労働条件の改善などを要求していますが、全くと言っていいほど賃金は上がらず、労働条件も改善されません。政府はここ数年緩やかではあるが、景気は上向きであると言っているのですが、私達底辺の国民にその実感はないのが現状です。景気が上向き、大手大企業は儲かっている、現場では人手不足、なのに賃金は全く上がらない。

 

私達はそんな難しいことを言っているのでしょうか。

月給100万円くれだとか、年収1億円くれだとか言っているわけではなく、時給を数百円上げ、休日を普通に下さいと、ただそれだけ、たったそれだけです。

 

2020年東京オリンピックまでは景気が良いでしょうと言われていたが、今の現状がこの調子ではオリンピック後がどうなってしまうのかと考えるとお先真っ暗になってしまいます。

日本政府がアメリカからステルス戦闘機「F35」を100機買うくらいなら、そのお金を日本国民に回してくれればこんな事は簡単に解決する事だと思うのですが。大体その金は国民の血税、アメリカから戦闘機を買ってほしいと思って納税をしている訳ではありません。

 

労働組合がなくても普通の生活が出来る日が来るのはいつになるのでしょうか。

【第二分会 髙橋 政樹】

 

 

国民春闘総決起集会写真

一覧に戻る

PAGE TOP