お知らせ

2020.08.07

加入希望の方

組合員の方

地域の方

コロナ対策と合わせて熱中症対策も忘れずに!

コロナ対策と合わせて熱中症対策も忘れずに行いましょう。

 

 

梅雨明けからは気温や湿度も高い日が多くなり、熱中症になりやすくなります。

コロナ対策と合わせて熱中症対策も忘れずに行いましょう。

 

 

■こまめに水分・塩分を補給し、休憩を取ろう

水筒などで飲料を携帯し、すぐ水分補給ができるようにしましょう

また、喉が渇いていなくても、こまめに水分補給することを心がけましょう

お、スポーツドリンクなど水分の他に塩分や糖分を含む飲料は、水分補給がスムーズにでき、効果的です。大量に汗をかいた場合などは、特に塩分補給をしましょう。

ただし、カフェインを含む飲料は、利尿作用があるので避けましょう。水分補給と同時に休憩をとり、涼しい場所で体を休ませ、無理をしないようにしましょう。

 

 

■「丈夫な体」をつくろう

熱中症になりにくい「丈夫な体」づくりを心がけましょう

その為には、バランスの良い食事と十分な睡眠が重要です。

睡眠時には通気性と吸水性に優れた寝具を使用したり、エアコンや扇風機などを適度に活用することにより、睡眠中の熱中症を防げるとともに、しっかりとした睡眠をとることで、翌日の熱中症予防に効果的です。

 

 

■衣服を工夫しよう

衣服は、麻や綿などの通気性の良い生地を選んだり、下着には吸水性や速乾性に優れた素材を選ぶと良いでしょう。冷感タオルを首に巻くことでも一定の効果が期待できます。また、空調ファン付きの作業着を着用することもおススメです(過去記事「COOLFAN」も参照のこと)。

 

 

■暑い日のマスクの着用について

高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高くなるおそれがあるので、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。

 

 

 

熱中症対策も忘れずに

コロナ対策と合わせて熱中症対策も忘れずに !

一覧に戻る

PAGE TOP